ポイントサイトで得た所得は一時所得になるのか?対応の仕方は?

画像1

こんにちは。camaradeです!

お小遣い稼ぎに役立ちそうな情報や、それに関連するあれこれを紹介していきます。

まえがき

ポイントサイトは、リスクがなくお小遣いや副収入としてお金を稼ぐことができるものです。

インターネットに接続できる環境があれば、手軽に稼ぐことができます。

ごくごく少額であれば、それほど気にする必要はありませんがポイントサイトをうまく活用したり、利用していくことでより大きな金額を稼ぐこともできるようになってきます。

そういった時には、もちろん確定申告を行い、税金を支払う必要が出てきます。

その時に考えるべきこととして、ポイントサイトの所得はどういった所得になるのか、給料をもらっていてメインの収入でない場合には一時所得として扱うのか、また雑所得として扱うのか、そういった様々な考え方が浮かんできます。

ポイントサイトで稼げる金額は?

そもそもポイントサイトで稼ぐことができる金額はいくらぐらいになってくるのでしょうか。

それは、ポイントサイトを利用している人が、どういった形でそのポイントサイトを利用し、お金を稼ごうとしているのかによっても大きく変わってきます。

ゲームやクリックをメインとして、買い物などもほとんど行わない方の場合は、年間で1万円稼ぐことができるかどうかの金額になってきます。

しかし、ポイントサイトをうまく活用し、友達やネットで紹介し、紹介者のポイントをもらうことができていれば、年間数十万を稼ぐ場合もあります。

こういった金額になってくれば、当然、確定申告を考えて事務処理をしていく必要が出てくるのです。

ポイントサイトで稼いだ所得の扱いは?

そもそも、確定申告をするには、ポイントサイトで稼いだ所得がどういった扱いになるのかを判断しなければなりません。

仮にアフィリエイターなどでポイントサイトの収入もメインの稼ぎになるのであれば、収入として考えて構わないと思われます。

しかし、給料をもらうような仕事をしている場合には、副収入となりますので、確定申告を行い自ら税金を支払わなければなりません。

その際に、一時所得の扱いになるのか、雑所得の扱いになるのか、細かな部分で判断が難しいとされています。

各税務署においても基準が変わってくることがあるようなので、確認して作業をすることが望ましいです。

私は何年も雑所得で処理させていただいてますが、きちんと受け入れられているようで連絡はもらったことがありません。

一時所得扱い

ポイントサイトにおける収入は、所得の考え方として一時所得になるという考え方があります。

これは、その場でたまにもらえるだけの所得ですから一時所得の扱いになるようです。

しかし、色々なところで調べてみても、結局のところ一時所得で全てがまとまっているわけではありません。

多くのサイトや情報を見てみる限り、一時所得でも構わないとする傾向があるようです。

本当に単発的な収入を得ているのであれば一時所得になるはずです。

しかし、ポイントサイトを上手く利用して定期的に収入を得ていれば、一時所得とは言えないのかもしれません。

雑所得扱い

雑所得扱いになるというサイトや情報もたくさんあります。

私も雑所得扱いで毎年確定申告をしています。

その手続きで連絡が来たり、認められなかったケースは今のところありません。

私の場合はそれほど高額な収入ではないからかもしれませんが。。。

きちんと収入の一覧表などを作成し、確定申告をして提出していますので、書類は確認されて受理されていると考えます。

医療費控除も同時に行っており、毎年少しですが還付金を頂いていますので、その点から考えても雑所得で処理して間違いないのかと思っています。

但し、これらはあくまで多くのサイトや本などから得た知識ですから、最寄りの税務署等に聞いてみるのが一番正しい方法と言えます。

確定申告の必要性

ポイントサイトでも利用の仕方が上手であれば、定期的な収入を得ることも出来ますし、その金額も大きくなっていくことも考えられます。

そういった時には必ず確定申告が必要になります。

単純に考えるならば、サラリーマンなど収入を通常もらっている仕事があり、副収入として得られる金額であれば年間20万円までは確定申告の必要がないようです。

但し、それを越えてくるようであれば、きちんと確定申告をして税金を納めなければ脱税になってしまいますよ。

ポイントサイトやネットを使った副業を上手く行っていこうと思うのであれば、こういった確定申告のことも知っておく必要があります。

面倒だと思わず、こういった事務処理もネットを使ってパソコンから行えば簡単に行うことができます。

また、新しい知識を得るチャンスと捉えるべきです。

私の場合は確定申告ができるようになり、医療費控除を知り毎年ご飯に行けるぐらいですが還付金をいただくことができています。

確定申告しなくても良いケースもある

確定申告は収入を得ていれば必要な手続きであると前述しました。 しかし、給料をもらっていて副収入となる場合には、20万円以下の所得であるならば確定申告をしなくても良いとされています。

また、ポイントサイトの収入がメインの収入であり、他に仕事がなく、メインとして行なっているのであれば、もう少し収入が多くても申告しなくても良いケースが考えられます。

こういったことを理解し、きちんと行っていくことで自身の知識も増えますし、正しい税金を納めることで安心してより稼ぐ意欲が湧いてくるのです。

確定申告の処理が面倒だからといって諦めるのではなく、やってみれば何でもできるものです。

まとめ

ポイントサイトで獲得した収入の確定申告は、一時所得、雑所得どちらであげるのが正しいかという話は、結局のところ最寄りの税務署に確認することが一番望ましいと考えられます。

それは、ポイントサイトの利用の仕方や収入を得る頻度によって、また金額によって扱いも変わるためだと考えられます。

参考程度に私の場合、毎年医療費控除の手続きをさせていただくので、それと一緒に申告させてもらう時には雑所得扱いで申告をさせていただいていますが、今のところ何のご注意もなく毎年書類を受理していただいております。

コメントを残す