楽天銀行の口座開設方法

2020年6月8日

ネット銀行は沢山の銀行が行うようになってきています。

ネット銀行と言っても、通常の店舗を持ちながら、ネットにも支店のようにサイトがある銀行と実店舗はなくネットの中だけに銀行がある場合が存在します。

楽天銀行は、後者のようなネットの中だけで業務が行われているネット銀行です。

店舗を持たない分、金利を良くしてくれたり、サービスの使い勝手の良さがあります。

ネット銀行は怖いと思っている方もいるかもしれませんが、セキュリティもしっかりしていますから、サブの銀行としてまずは使ってみてはいかがかと思います。

ネット銀行は環境さえ整っていれば、いつでも利用することができるので便利です。

楽天銀行のサイトへいこう

楽天銀行の口座開設をするには、まずサイトへ行くことです。

口座開設申込と書かれた場所がありますので、そこをCLICKします!

こちらから氏名や住所など詳細な項目を入力することで口座を開設することができます。

口座開設は簡単

楽天銀行の口座開設手続きはとても簡単です。

店舗に出向く必要もありませんし、届出は自宅で空いた時間であれば、昼間でも夜でも土日でも行うことができます。

通常、銀行で手続きするためには、平日の9時〜15時の間に店舗に行く必要があります。

この時間制限は、仕事をしている人にとっては難しいものとなることが考えられます。

ですから、わざわざ新しく銀行口座を開設しようとすることはないでしょう。

しかし、楽天銀行ならば簡単に口座開設することができて、店舗型の銀行よりもお得な部分が多いので作らないという選択肢はないでしょう!!

インターネットだけでほぼ登録終了

楽天銀行の口座開設はインターネットだけでほぼ手続きが終了するので、休日の空き時間や夜少し時間ができた時に簡単に手続きすることができます。

通常、口座開設をするには店舗に出向き書類を提出する必要があります。

楽天銀行の口座開設ならば、ほとんどのやり取りがインターネットだけで終了するのでとても便利です。

本人確認はアプリからが便利

本人確認のための書類としては、運転免許証や健康保険証などが考えられます。

通常であれば、こういった本人確認書類のコピーを郵送する方法がとられます。

楽天銀行で手続きをする場合にも、郵送するやり方が一般的です。

しかし、アプリをダウンロードしておくことで、郵送せずに写真で送ることもできるようになります。

写真で送るメリットは、時間をかけずに素早いやり取りができる事と、郵送の費用を抑えることができる事ではないでしょうか?

どちらでも申請はできますが、便利なやり方としてはアプリを使った方法となるはずです。

利用は申込み後1週間〜2週間

以上のようにして楽天銀行への申込みができたら、後は待つだけです(笑)

時間が経てば、楽天銀行から通知がきますので、そこに書かれた内容で初期設定を行えば、すぐに使うことができます。

IDやパスワードのようなものが送られてきますし、口座番号などもそこに記入されています。

それらの情報があれば、インターネットからその日のうちにすぐに利用が可能です。

口座開設をお得に行うならポイントサイト経由

楽天銀行の口座仮設を行うのであれば、ポイントサイトを経由しない手はありません。

ポイントサイトに登録して、そこから楽天銀行のバナーをクリックして楽天銀行のサイトへ行きます。

後は、上記で説明したとおりに口座の開設を行うだけです。

ただし、楽天銀行の口座開設のキャンペーンを行っているかどうかはサイトや時期によって変わってくるので注意が必要です。

キャンペーンさえ行っていれば、このひと手間だけで、ポイントがもらえてしまいます。

ポイントサイトにもよりますが、多い時であれば、この登録だけでポイントサイトの換金額に達することもありますので、すぐに楽天銀行の口座へ入金することも可能です。

自宅に居ながら簡単口座開設

楽天銀行などのネット銀行の一番の魅力は簡単な口座開設にあります。

自宅にいながら自分の空いた時間に申し込みができるのが大きな利点です。

また、振込などの手続きも自宅でできるので、時間や曜日を問わずに申請できます。

個人の口座としての利用も便利ですし、副業やフリーランスなどの自分で仕事を持っている場合には、口座を分けたり、必要な作業時間を確保するためにも、ネット銀行を利用して移動の時間を有効活用してみてはいかかでしょうか。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す